1. HOME
  2. 領域・大学院
  3. 美術表現領域

美術表現領域

 

美術表現領域 とは

美術作品のつくり方を学ぶと同時に、美術って何だろう、誰のためにつくっているのだろう、その考え方を学びます。

Key Word

□日本画
□洋画
□彫刻
□コンテンポラリーアート
□アートマネジメント

カリキュラム

1年生 前期

実技
 

<描写基礎>
形を見る力と描く力を身につけます

 

<絵画・色彩基礎>
絵画表現力、色感を身につけます。

 

<立体・空間基礎>
立体的描写、空間的なあり様を試みます。

1年生 後期

選択演習1と選択演習2、それぞれから1つ授業を選びます。さらにコンピューターリテラシーの授業があります。

選択演習1
 

<着彩>
日本画技法を学び、和紙に顔料で着彩し絵画制作を行います。

 

<絵画技法>
テンペラ、アイデアスケッチ、絵画制作を学びます。

 

<塑像>
自由度の高い素材である年度を肉付けして立体を制作します。

 
選択演習2
 

<絹本着彩>
細密描写を基に、日本画技法による絹本着彩を学びます。

 

<ドローイング>
表現素材の体験、たくさん描くことで自己の可能性を新たに発見します。

 

<インスタレーション>
動画、身体、グループワークなどの場所や空間と関わる、あらゆる心立てを試みます。

<コンピューター&メディアリテラシー>
「Illustrator」「Photoshop」などの基本的なデザインソフトの操作方法などを学び、展覧会の開催や名刺の作成、ポートフォリオ制作など自己プロデュースするための技術を習得します。

2年生 前期

日本画基礎
洋画基礎
彫刻基礎
映像基礎

2年生 後期

2年生後期からはスタジオ制になります。美術表現領域のスタジオを1つ選択します。

濱田スタジオ

日本画を中心とした描くための表現の方法を学ぶスタジオ。
■日本画
■アートイラスト
■絵画
■古典技法

平林スタジオ

洋画を中心とした表現はもちろん、絵画にとらわれない表現が学べるスタジオ。
■絵画表現
■洋画
■現代美術

高橋伸行スタジオ

空間表現を中心とした表現を学び、様々なアートプロジェクトを行うスタジオ。
■彫刻
■コンテンポラリーアート
■アートプロジェクト

髙橋綾子スタジオ

芸術計画をメインに展示の企画や記録、さらにそれに関わる編集について学ぶスタジオ。
■芸術批評
■キュレーション
■記録編集

ブログ・学生作品

ブログでは授業内容や展示風景などを、collectionには学生作品の一部を掲載しております。
領域選択などのご参考にぜひご覧ください。

インタビュー

卒業後はアーティスト、教育者、アート企画制作、デザイナー、イラストレーター、マンガ家など、多様な世界で通用する人材を輩出しています。

入試情報

通常のデッサンでの入試以外にも、AO入試、学科型入試などを設けております。
あなたの意欲と努力、才能を、様々な点から評価する制度となっております。